自己ケア派のあなたも思わず専門病院に行ってみたくなるQ&A5選

MENU

自己ケア派のあなたも思わず専門病院に行ってみたくなるQ&A5選

 

院内と頭の画像

 

AGA専門の病院・クリニックに少しは興味がある自己ケア派のあなたへ。確かに自宅でできる育毛なら安上がりだし、時間を掛けて通ったりすることもありません。しかし、あなたの使っている育毛剤やシャンプーで満足のいく効果は期待できないかもしれません。また、あなたに合わないアイテムで逆効果になることもあります。

 

「そうはいっても薄毛の相談で病院に予約するのはちょっと恥ずかしいし勇気がない」というなら、こちらのQ&Aを読んでみてください。もしかしたら、あなたが思っていた疑問が解消されて、すぐにでも病院で薄毛治療をしてみたくなるかもしれないですね。

病院で薄毛治療したら必ず発毛効果があるの?

目指すのは髪本来の機能再生

《結論》AGA治療を受けても中々効果がでない人もいますが、継続的に治療を受ける中で、また違ったアプローチをしていくことで発毛効果が現れる方も多く、諦めなければ薄毛の悩みから解放されること間違いなし!

 

薄毛治療専門の病院・クリニックで受ける治療ははたして髪が復活するのでしょうか? 実際問題、「生えるのか生えないのか」気になるのはこれだけでしょう。せっかく長い期間とお金をかけてAGA治療をがんばったのに、薄毛が進行するようでは何の意味もありません。

 

たとえば生着率が95%の手術法も確立されてきている自毛植毛であれば、男性型脱毛症の原因に作用されない自分の後頭部や側頭部の毛束を移植しますので、拒絶反応を起こす心配はなく、植毛後も生え続け、その箇所はまた薄毛になることはほぼありません。

 

いっぽう植毛といった手術を行わないAGA治療は、基本的な内服薬と外用薬から始めていきます。それだけでは効果が現れにくい方もいますので、さらに効果の高い育毛メソセラピーやHARG療法を行えば、高い確率で発毛効果が現れます。1ヶ月に1度の間隔で最低3回から4回ほど必要ですが、生えた髪を完全に定着させるためには6回ほどの治療が望ましいとされています。

 

本来はAGA治療の基本でるフィナステリド配合のプロペシア、そしてプラスαでミノキシジルを使用することで効果が現れるのを望んでいる方がほとんどでしょう。確かに多くの方に何かしらの効果がでています。しかし、全ての人に有効ではないのも現状です。それは治療を始める前に行う血液検査やAGA遺伝子検査、ミネラル検査等である程度分かります。

 

とはいえ、AGA検査で脱毛リスクの低い方であっても、治療薬だけで効果がでている方もいます。それは、それぞれの病院によるオリジナル治療薬が功を奏していることは間違いありません。

 

セールスされた場合の上手な断り方とは!

nono

《結論》素直に、「もう少し考えてから決めさせて頂きます。」と言えば良い。だけど、なにか理由を付けたかったら、「転職を考えているので、落ちついてから」。さらに強引なセールスをされたら「この後、知人と待ち合わせしている」などと時計を見ながら答える!

 

クリニックなどの医療機関で無料カウンセリングを利用する時に、今の現状の説明からさまざまな治療プランを受けることになります。基本的にどこの病院へ行ったとしても、ほぼ治療を勧められることになるでしょう。でもすぐには決めたくないという方も多いはずです。

 

また、悪質な育毛サロンで施術していたり、強引なセールストークを受けたことがあって、それがトラウマとなって病院で相談するのが怖いと感じる人も多いようです。特に育毛サロンとAGA専門病院の違いを知らない方も多々おられるようですからね。

 

当サイトで紹介している病院では、無理な勧誘は一切ないところばかりですが、それでも必ず何かしらの治療は勧めます。では、どのようにすれば、そういった勧誘をやんわりと断ることができるのでしょう。

 

職業について、「今現在、転職を考えているので落ち着いてから」や「無職なので仕事が決まってから」といった金銭的な理由をつけておくことが一番無難です。女性であれば、「夫に相談してからでないと、今すぐには決めることはできない」と言っておけば良いでしょう。自由に使えるお金は限られているというイメージをもってもらうことで、無理には勧めなくなるでしょう。

 

それでも、「最安値の治療プランからできますよ」と言われる場合もあります。そんな時は時計を見ながら「この後、知人と待ち合わせしているので・・」と言ってみるのも手ですよね。患者を無理に引き止めるということは、信用問題にも関わってきますので、無理には引き止めないでしょう。

 

また、今日は薄毛の相談だけで、すぐには決められないということを遠回しに言っておくも有効な手です。たとえば「このまえ行った病院は色々なプランと料金についての説明はいいけど、その強引さに辟易として帰ってきたんですよ」と。そうすれば、病院側も慎重になり、この場では勧誘をしなくなるでしょう。

 

このような嘘は付きたくないという方も多いでしょうが、もし強引なセールスがあった場合の対処法として覚えておくといいのではないでしょうか。

 

ただ、当サイト推薦の病院は、どことも予約が取りづらいほどの人気クリニックですので、最適なプランの提案はありますが、決して無理なセールスはありません。安心して無料カウンセリングを受ければいいと思いますね。断りを入れるなら、素直に、「もう少し考えてから決めさせて頂きます。」とだけ言えば良いのではないでしょうか。

 

市販の育毛剤やシャンプー、サプリメントは効果がない?

育毛剤・サプリメント

《結論》病院での薄毛治療薬や方法に比べると発毛効果は少ない!長期間使うことで、かえって高くつくことにもなり得る!

 

髪が薄くなったり、遺伝的に薄毛が心配だと思う人の多くは、育毛剤をまずは探して付けることから始めます。、また、頭皮の皮脂が髪の大敵だとするテレビCMなどのメディアの影響で育毛シャンプーで頭皮ケアも始めます。でも、これらを使って髪が復活したとか、フサフサになったということは、ほとんど聞いたことがありません。何々の製品ですごい効果があったとかのうわさ話はよく聞くのですが、実際に見たことがないのではないでしょうか。

 

では、市販の育毛剤やシャンプー、サプリメントは全く効果がないのか、時間とお金の無駄なのかというと、そうではありません。元々これらの商品は脱毛の予防や育毛の促進です。確かに管理人も非常に多くの育毛剤とサプリメント、そしてシャンプーを使ってきました。全く合わないものもありましたが、脱毛がストップし、薄毛の進行は止まった商品も数多くありました。

 

とはいえ、期待できるほどの効果がないのが実情です。育毛成分の中には、5αリダクターゼの働きを抑制するオーゴンエキスやヒオウギエキス、ビワ葉エキス、サプリメントではノコギリヤシエキスなどがあって、AGA(男性型脱毛症)に有効と謳っています。しかし、効果は非常に穏やかで、目に見えて変化するということはないようです。

 

将来的には画期的な育毛剤やサプリメントもでてくるかもしれませんが、現状は、下記の画像のような確実性になっています。

 

確実性

 

育毛剤は薄毛予防にはなりますが、発毛を期待するものではないのです。まだ薄くなくて、将来に不安な場合や予防的な意味合いなら使ってもいいでしょう。すでに薄毛AGAが進んでいる人がずっと育毛剤で何とかしようと長期間に渡って使い続けると、かえって高くつくことになりますね。

 

この表ではシャンプーは載っていませんが、元々頭皮ケア・育毛には重要なもので薄毛の予防にはなります。しかし、育毛剤よりも確実性は低になります。
皮脂を悪者にするCMが多いですが、皮脂の取り過ぎは逆効果になりますので注意が必要ですね。

 

薄毛治療薬をネット通販で買って使用するリスクとは!

薄毛治療薬をネットで買う人も多いけど

《結論》ネットの薄毛治療薬には注意が必要!未承認の薬や偽造薬を販売している業者もあり、リスクが出てくる可能性がある。やはり医師の元で薬を使ったほうが安心でき効果も出やすい。

 

フィナステリド配合のプロペシアやフィンペシア、フィナバルド、そしてミノキシジル系製品については海外からの輸入代行による購入が盛んになっています。

 

AGA治療薬をネット通販で購入する理由とは?

  1. クリニックへ行く、薬局で購入することに抵抗がある!
  2. ネットでしか売っていないものも多くある!
  3. ネットで少しでも安く買いたい!

 

薄毛治療薬を使ってもすぐに効果が現れるものではないですよね。そのため、何ヶ月も、もしかしたら何年も続けないといけない訳ですから、少しでも安く買いたいという理由はもっともな話しです。また、ネットでしか販売していない海外製の薬にも魅力を感じることも多いと思います。

 

しかし、薄毛治療薬をネット通販で購入する時に注意しなければならないのが、偽造薬を販売するサイトの存在です。怖いと思いませんか?

 

厚労省が未承認の薬や偽造薬を販売していた74サイトを強制的に閉鎖させていたというニュースも聞いたことがあると思います。厚生労働省もこういった取り締まりを強化していますが、悪質業者は消えてはまた新たに出てきたりして、全てをなくすことは難しいんですよね。それだけ危険な業者も多いのです。

 

購入するに当たっては、医薬品販売業者許可を受けている業者(薬局)なのかを調べなくてはなりません。それが自分の身は自分で守る手立てとはいえ、副作用や持病薬との飲み合わせが悪いこともあると理解しておかなければなりません。

ネット通販でAGA治療薬を購入するなら

本当は、AGA専門病院で血液検査を受けてからフィナステリド系の内服薬を飲むのが安全ですが、どうしてもまずは価格の安いネット通販で購入したいという方もおられるでしょう。

 

プロペシアにもジェネリック医薬品が存在します。
日本国内でもプロペシアのジェネリック(後発医薬品)としてファイザー株式会社からフィナステリド錠「ファイザー」が厚生労働省から認可され購入することができます。しかし、こちらもプロペシア同様、病院でした取り扱っていません。

 

ネット通販でプロペシアのジェネリック医薬品を購入するなら、プロペシアとまったく同じ成分の『フィナロイド』をおすすめします。

 

 

ここから、購入している友人もいますし、実際髪の量も増えています。ただ、「将来的にはお医者さんで血液検査を受けながら継続したほうが安全だよ」とは伝えています。

医療用医薬品と一般用医薬品について

医療用医薬品は医師が診断後に処方してからでないと服用できない医薬品です。

 

一般用医薬品とは、医師による処方がなくても購入できる医薬品です。
また副作用等の危険性(リスク)の高い第1類医薬品からリスクが比較的低い第3類医薬品まで分類されています。

 

第1類医薬品については、薬局で薬剤師が服薬指導や副作用等の説明後に購入する決まりでしたが、第1類医薬品と第2類医薬品についてはネット販売が正式に解禁されました。リアップ(ミノキシジル配合)は第1類医薬品に該当しますが、ネット販売が解禁されたのですね。

 

ただ、ネット通販や個人輸入により購入して服用した場合の副作用ついては、全て自己責任になることを理解しなければなりません。そんなリスクを抱えてまで使いたいですか?

 

やはりAGA専門病院で薬を処方してもらうほうが、副作用の対応もしっかりとしているので安心でき、効果も出やすいのではないでしょうか。

 

AGAの治療は月何回病院へ通うの?

クリニック受付

《結論》AGA治療のための通院は月1回が基本。開始の2ヶ月は月に2回通う場合もあります。

 

AGA治療はご存知のように保険が適用されませんので、実費払いです。そのため月に何回も病院に通うというのは、費用面で大変になってしまいます。
また、病院にちょくちょく通えるほど暇ではなく、時間を取るのも難しい人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、月にどれくらいの回数で通うべきなのでしょうか?

 

基本的には月1回で済みます。

治療と言っても人それぞれ髪質や頭皮、遺伝的要素、生活環境は違います。ですので一概には言えませんが、最初は誰にでも合うプロペシアから始まり、徐々にその人に合った治療プランへと変えていきます。プロペシアだけの場合は1か月単位で貰うことになりますので、その間は自宅ケアになります。つまり月1回の通院でいいわけですね。

 

自毛植毛のような手術では、その後の経過観察等が必要なため、2週間後に来院しなければならない場合もあります。

 

クリニックによっては、オリジナルの治療方法もありますので、通院の頻度も違ってきます。例えば、銀クリでは基本的には開始の2ケ月はひと月で2回治療を受け、3ケ月目以降は1ヵ月間で1回のペースになり、6ヵ月で8回の施術が1つのタームとなっています。

 

また、ヘアメディカルでは、通院は月1回が基本になっていて、前月との変化を観察して、そのままの薬で継続するのか、すこし変えるかを判断してくれます。何回かの経過観察によって薬が決まっている場合は電話での問診から、薬を送ってもらうことも可能なのだそうです。そうなれば2〜3ヶ月に1回の割合でもいいということになりますね。

 

なお、有料になりますが、最初にアンドロゲンレセプター(AR)検査やミネラル検査をしてもらっておくと、より確実な治療プランが可能で、早い段階で通院回数を少なくできるのではないかと思います、

 

月1回程度であれば、多少AGA専門病院が遠くても、また多忙な人でも通えると思いますが、それがどれくらい続けなければならないかが気になりますよね。

 

AGA治療には、個人差があるのですが、6ヶ月ぐらいは最低見ておいたほうがいいでしょう。その間効果がない、さらに薄毛が進行していく場合は、また違ったプランを行う必要がでてくるため、1年以上かかることもしばしばあるのです。
治療中は普段の生活習慣、食事面等にも気を配らなくてはなりません。
このようなことを改善していくことでも、早い発毛効果に繋がりますので、AGA治療だけやっていれば安心だとは思わない方がいいのではと考えています。

 

まとめ
チェックマークAGA治療を受けても中々効果がでない人もいますが、違ったアプローチをしていくことで発毛効果が現れる方も多く、諦めなければ薄毛の悩みから解放されるでしょう。また、検査で脱毛リスクの低い方であっても、オリジナル治療薬だけで効果がでている方もいます。

 

チェックマークセールスされた場合の上手な断り方は、素直に「もう少し考えてから決めさせて頂きます。」と言えば良い。また、「転職活動中」「主婦」「この後、知人と待ち合わせしている」などと答えるのも無難。

 

チェックマーク市販の育毛剤やシャンプー・サプリメントは、病院での治療薬や方法に比べると発毛効果は低い。長期間使うことで、かえって高くつくことになったり、逆効果になることもある。

 

チェックマークネットのAGA治療薬には注意が必要!偽造薬を販売するサイトが存在し、リスクが出てくる可能性がある。やはりAGA専門病院で薬を使ったほうが、副作用の対応もしっかりとしているので安心でき、効果も出やすい。

 

チェックマーク髪質や頭皮、遺伝的要素、生活環境は人によって違うけれど、AGA治療のための通院は月1回が基本。生活習慣、食事面等、ホームケアにも注意することで早い発毛効果に繋がる。

 

3ヶ条

厳選!!優良AGA病院特集ページへ